ラグビーの未来は RUBGY UNLIMITED 無限に広がっている。

【速報】男子セブンズ日本代表 ドバイ遠征メンバー発表

いよいよ12月1日(木)に開幕するHSBCワールドラグビーセブンズシリーズ2016-2017第1戦・ドバイ大会、参戦する男子セブンズ日本代表の遠征メンバーが発表されました。なお、日本代表の登場は大会2日目、12月2日(金)からとなります。

 

【HSBCワールドラグビーセブンズシリーズ2016-2017

第1戦ドバイ大会 男子セブンズ日本代表遠征メンバー】

※◎はキャプテン

レオン・エリオン(ヤクルトレビンズ)

小澤 大(トヨタ自動車ヴェルブリッツ)

パトリック・ステイリン(日本IBMビッグブルー)

ダラス・タタナ(釜石シーウェイブスRFC)

◎鶴ヶ﨑 好昭(パナソニック ワイルドナイツ)

鶴田 桂樹(同志社大学3年)

中 孝祐(関西学院大学1年)

中尾 隼太(鹿児島大学4年)

中野 将宏(九州共立大学3年)

韓 尊文(流通経済大学2年)

ジェイミー・ヘンリー(PSIスーパーソニックス)

ジェイデン・マックス(白鷗大学3年)

 

 

なお、日本代表のプールDでの試合予定は、いずれも12/2(金)現地時間で、

・9:22 vsオーストラリア

・12:00 vsケニア

・18:00 vsフランス

となっており、リオ五輪で日本代表と戦ったケニアとフランスにとってはリベンジマッチということになります。

 

また、「HSBCワールドラグビーセブンズシリーズ2016-2017」から、男子・女子大会共に金・銀・銅メダルの表彰が導入されることになりました。
今までのカップ、プレート、ボウル、シールドトーナメント形式の代わりに、今後は「2トーナメント制」が実施されます。

 

「2トーナメント制」とは、各プールの上位2チームが金メダル獲得を懸けたカップトーナメントに進出し、その他のチームは新しく導入される「チャレンジトロフィー」トーナメントで戦うという方式。今回の再構成により、各シリーズは13位決定戦のプレーオフでクライマックスを迎え、その後チャレンジトロフィー(9位決定戦)、5位決定戦、3位決定戦、そして金メダルを争う決勝戦が行われることになります。

 

ダミアン・カラウナ新HC体制の第一歩となる新しい男子セブンズ日本代表は、世界の強豪が集うこのシリーズでどんな戦いを見せてくれるでしょうか。

 

<文/齋藤龍太郎(楕円銀河)>